有栖川宮記念公園

有栖川宮記念公園(ありすがわのみやきねんこうえん) 2016年4月2日訪問

画像
有栖川宮記念公園 有栖川宮熾仁親王騎馬像
有栖川宮記念公園は江戸時代盛岡南部藩の下屋敷だった。
明治29年(1896)有栖川宮威仁親王の第一王子・栽仁王の新邸造成の御用地となる。
栽仁王は明治41年(1908)に薨去、威仁親王も大正2年(1913)に薨去。


画像
有栖川宮記念公園 有栖川宮熾仁親王騎馬像
有栖川宮家の祭祀を引き継いだ高松宮に継承され、高松宮御用地となった。
昭和9年(1934)1月5日、有栖川宮の没後20年の命日にちなんで御用を公園地として東京市に下賜された。


画像
有栖川宮記念公園 有栖川宮熾仁親王騎馬像
騎馬像の主は威仁親王の兄の熾仁親王。
明治36年(1903)陸軍参謀本部庁舎(現在の憲政会館)正門前に建立された。
昭和37年(1962)東京五輪に伴う憲政記念館下の首都高速環状線建設のため現在に移される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック